塩竈市立病院

病院事業管理者 兼 院長の挨拶

福原賢治病院事業管理者 兼 院長の挨拶

事業管理者ごあいさつ

平素より塩竈市立病院をご利用いただき、誠にありがとうございます。第10代院長を拝命し、病院事業管理者との兼任になりましたので、どうぞよろしくお願いします。

「市立病院建設基礎調査事業」では、市民の健康管理を第一に考え、今後も安全で良質な医療を継続的に提供していくために、我々に今できることは何か、これから何をしなければならないのかを、様々な角度から検討しました。この内容につきましては、近日中に市民の皆様とともに考える機会を持ちたいと思っています。いっぽうで、自治体病院の多くが経営不振に悩まされている現状の改善策も盛り込んでいます。

当院は昭和20年の開院であり、仙台市東部に位置する2市3町唯一の公立病院です。公立病院の使命の1つに、救急医療を含めた高度医療の提供があり、昨年は約800台の救急車を受け入れました。内科では消化器系を中心に幅広い疾患に対応し、外科では消化器系に加えて乳腺・甲状腺を、緩和医療科では痛みの治療を、皮膚科では手術を含む診療を担当しています。いっぽう小児科、眼科、泌尿器科、耳鼻科においては、常勤医不在から入院診療ができない状況が続いており、皆様には大変ご迷惑をおかけしているところです。しかし、医療がますます細分化・高度化している現在、当院が全ての患者様に、全ての分野の急性期医療を提供することは困難です。したがって急性期医療の一部を、大学病院や地域医療支援病院(仙台市立病院、仙台医療センター、仙台オープン病院など)にお願いする機会が増えてきておりますことをご理解いただきたいと思います。いっぽうで、これらの急性期病院では長期の入院ができません。治療後に、直接ご自宅に戻られるのが困難な状況がございましたら、ぜひ担当医、看護師などにご相談ください。当院には地域包括ケア病棟があり、最大60日間の入院継続が可能です。全面的に退院までの支援をいたします。さらに訪問診療、訪問看護、訪問リハビリにつなげることも可能です。

私は自分の家族に勧められない医療は、患者様にも勧めないを信念に35年間、外科の診療を行ってきました。これは言い換えれば、自分の家族に受けてもらいたい安全で良質な医療を、患者様にも提供したいということです。「信頼、貢献、誠意」という当院の院是を心に刻み、職員全員が常に優しく温かい心を持って、患者様やご家族に接していきます。  これからも、地域医療の中心的役割を果たしていきますので、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。
平成31年4月1日

塩竈市立病院事業管理者 兼 院長
福原賢治(医学博士、東北大学医学部臨床教授、宮城県対がん協会学術顧問)

  1. 一つ、塩竈市立病院は、良質な医療を行い信頼される病院を目指します。
  2. 一つ、塩竈市立病院は、地域住民の健康な生活に寄与します。
  3. 一つ、塩竈市立病院は、患者さんに明るく思いやりのある心で接します。
   
病院について

事業管理者兼院長挨拶

サイト内検索(検索の仕方)
  • 文字サイズ


ページトップへ