塩竈市立病院

病院事業管理者 兼 院長の挨拶(令和3年4月1日)

福原賢治病院事業管理者 兼 院長の挨拶

福原賢治病院事業管理者兼院長

平素より塩竈市立病院をご利用いただき、誠にありがとうございます。
当院は昭和20年の開院であり、仙台市東部に位置する2市3町(塩竈市、多賀城市、利府町、七ヶ浜町、松島町)唯一の公立病院です。 一昨年に「市立病院建設基礎調査事業」を実施し、市民の健康管理を第一に考え、今後も安全で良質な医療を継続的に提供していくためには、 新病院の建設や医療機器の更新に加えて、診療体制維持のための人材確保が必要不可欠であることを確認しました。 また昨年は宮城県からコンサル事業が入り、当院の現在の医療提供は、宮城県の地域医療構想に合致したものであり、 その役割はこれまでの医療を維持・継続・発展させることで、再編・統合の必要性はないとの結論をいただきました。

公立病院の使命の1つに救急医療を含めた高度急性期医療の提供がありますが、医療がますます細分化・高度化している現在、 単独でこれらすべての医療を提供することは困難であり、病病連携や病診連携が欠かせません。当院は、消化器系を中心とした急性期医療を維持しつつ、 心疾患や脳血管疾患などにおいては、近隣の病院と協力して対応してまいります。またご高齢の患者様におかれましては、急性期病院での治療終了時に、 直接ご自宅に戻られるのが困難な場合があるとお察しします。我々はこのような患者様を地域包括ケア病棟でお引き受けし、全面的に退院までの支援を行います。 加えて在宅医療やレスパイト入院、さらに施設入所などもご提案します。

私は『自分の家族に勧められない医療は、患者様にも勧めない』を信念に診療を行ってきました。 これは言い換えれば、自分の家族に受けてもらいたい安全で良質な医療を、患者様にも提供したいということです。 「信頼、貢献、誠意」という当院の院是を心に刻み、職員全員が常に優しく温かい心を持って、患者様やご家族に接していきます。 4月からは白内障手術がスタートします。これからも、地域医療の中心的役割を果たしていきますので、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。
令和3年4月1日

【塩竈市立病院事業管理者 兼 院長】福原賢治
(医学博士、東北大学医学部臨床教授)

   
病院について

福原賢治事業管理者兼院長、新型コロナウイルス感染症に対する当院の対応について

第3報(令和2年11月20日) 第2報(令和2年7月14日) 第1報(令和2年5月13日)
サイト内検索(検索の仕方)
  • 文字サイズ


ページトップへ