塩竈市立病院

看護職員募集案内(2020年版パンフレット)

看護職員募集案内

福原賢治 病院事業管理者 兼 院長のあいさつ

塩竈は港町として、また塩竈神社の門前町として発展して来ました。松島湾内の島々の多くは行政的には塩釜市に属しており、 とくに浦戸諸島は風光明媚な所です。仙台から塩竈へのアクセスは東北本線、仙石線いづれも利用でき、東北本線では約15分です。 当院は仙台近郊の2市3町(人口約19万人)で唯一の公立病院で、急性期病棟、地域包括ケア病棟を有しており、急性期から慢性期まで幅広く診察しています。 また在宅療養支援病院として訪問診療、訪問看護、訪問リハビリを行っており、国が進めている地域包括ケアシステムの要としての役割を担っています。 地域医療の更なる充実のため、是非、塩竈市立病院で我々と共に働きませんか。

海老原佐智代 看護部長のあいさつ

「看護とは」に照らして、実践者を育てます。
ナイチンゲールは「看護師は自分の仕事に三重の関心をもたなければならない。
第一はその事例に対する理性的な関心、第二はその患者に対するもっと強いこころのこもった関心、第三はその患者の回復やケアに対する技術的・実践的な関心である」と述べています。
当院の看護部では、地域の皆様に信頼を得られるよう、目標管理にもとづき、日々努力しております。 また、看護師はキャリアラダーにより、ひとりひとりの知識・技術・態度の育成に力を入れております。新人看護師の方々が一人前の看護師として、成長していけるよう基礎から応用までのラダーをクリアして、 個々人に合った進み方でキャリア形成していけるよう支援していきます。161床を有し、急性期から回復期、慢性期、在宅看護、療養型まで多岐にわたり、患者様やご家族の様々なご要望にお応えしております。 さあ、あなたも地域医療に携わってみませんか。

2020看護職員募集案内(パンフレット)

【表紙】
【P1ページ】看護部の理念、事業管理者・看護部長あいさつ
【P2ページ】プリセプター、日本糖尿病療養指導士のメッセージ
【P3ページ】密着新人看護師の1日
【P4ページ】新人看護師の年間スケジュール
【P5ページ】新入職者へ向けてのメッセージ
【P6ページ】質問と応答、私たちが働く部署紹介
【裏面】塩竈市立病院案内図、病院概要

資料ダウンロード    
看護職員募集案内2020
   
  • 文字サイズ


ページトップへ