Bootstrap-塩竈市立病院

肝疾患専門医療機関について

特色

塩竈市立病院は肝疾患に関する専門医療機関に指定されております。

厚生労働省のガイドラインに基づき、肝疾患治療の拠点となる「肝疾患診療連携拠点病院」として東北大学病院が宮城県で指定されました。それに伴い肝疾患に関する専門医療機関は、入院治療を行う等、地域の医療機関への診療支援を行うとともに、肝疾患診療連携拠点病院と連携し、地域の医療機関の診療ネットワークの中心的役割を担います。

都道府県における肝疾患診療ネットワークイメージ図

専門医療機関の機能

診療内容

  1. 専門的な知識を持つ医師による診断と治療方針の決定
  2. インターフェロン等の抗ウイルス療法
  3. インターフェロンフリー治療
  4. 肝がんの高危険群の同定と早期診断
  5. 肝がん治療

肝疾患診療に必要な医療設備

  1. 放射線室(全身CT室、MRI-CT室、心腹部・血管撮影室)
  2. 内視鏡検査室(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)
  3. 超音波検査室
  4. 外来化学療法室
  • 文字サイズ
 


ページトップへ