塩竈市立病院

CT検査、MRI検査、骨密度測定装置(DXA法)について

CT検査

CT検査装置の写真 令和4年9月26日から更新器機で可動しています。
    
  1. 局所被爆の低減
  2. 検査時の息止めの時間短縮により患者さん(特に高齢者)に優しい撮影が可能

【撮影部位】頭部・頸部・胸部・腹部・骨盤部・大腿骨
【検査時間】撮影部位によって異なりますが、30分程度です。

MRI検査

MRI検査装置の写真

強い磁石と電波によって、身体の内部情報を画像化する検査です。 CT検査とは異なり放射線を使わないため被ばくの心配はありません。

【撮影部位】脳・脊椎・胸椎・腰椎・肝胆膵・頸部・骨盤腔・肩関節・股関節
【検査時間】30分から1時間程度です。

骨密度測定装置(DXA法)

骨密度測定装置の写真

骨粗鬆症の診断及び治療効果の判定に最も多く使用されている精度に優れたDXA法を用いた骨密度測定装置です。 従来の超音波による骨密度測定よりも信頼性、再現性に優れております。

【撮影部位】腰椎・大腿骨・前腕骨
【検査時間】10分から15分程度です。

お問い合わせ    
業務課.電話番号.022-364-5521(内線333)
お問い合わせフォームへ
サイト内検索(検索の仕方)
  • 文字サイズ


ページトップへ